タイ入国の中国人女性が新型コロナウイルスに感染 まもなく退院の見通し

中国湖北省武漢市で発症が相次いでいた肺炎は新型コロナウイルスが原因と報じられているが、アヌティン保健相は1月13日、先にタイに入国した中国人女性(61)の新型コロナウイルス感染が確認されたが、現在快方に向かっていることを明らかにした。

女性はバンコクに隣接するノンタブリ県の医療機関で治療を受けており、間もなく退院できる見通しという。

保健相によれば、治療に当たっている医療スタッフも感染しておらず、感染の拡大は確認されていない。

関連記事

ページ上部へ戻る