孫娘に性的暴行の男を逮捕

南部スラタニ県からの報道によれば、サムイ島でこのほど、51歳の男が孫の12歳少女と関係を持って妊娠させた容疑で逮捕された。

少女の両親が警察に被害届を提出したことに伴い、容疑者がサムイ島の建設現場に隠れているところを捕らえられた。

警察によれば、少女は6年前から東北部ウドンタニ県で祖父母と一緒に生活していたが、4年ほど前からナイフで脅されて繰り返し暴行され、その結果妊娠したものという。

少女の通っていた学校の先生が少女の妊娠を知り、妊娠に至った経緯を聞いたことから、両親に警察に被害届を出すようアドバイス。

その結果、祖父が逃走し、このほど逃走先のサムイ島で逮捕されたものという。

関連記事

ページ上部へ戻る