元国家仏教事務所長らの資産差し押さえか

国家汚職制圧委員会(NACC)のウォラウィット事務局長によれば、NACCは国家仏教事務所(NOB)のノッパラート元所長と元所長に近い7人が保有する合計5億7510万バーツの資産を不正蓄財の容疑で差し押さえるよう裁判所に申し立てる方針という。

元所長らの不正蓄財容疑はアユタヤ県の寺の改修などに絡むNOBの不正疑惑の捜査で浮上してきたもので、NACCは元所長らの資産に関する説明に納得しておらず、資産差し押さえを裁判所に求めることにしたものという。

関連記事

ページ上部へ戻る