報道番組の元人気司会者に禁錮8年の有罪判決

テレビの報道番組で舌鋒鋭く様々な問題に切り込んでいくことで知られた人気司会者のソラユット被告(53)に対し、中央刑事裁判所で1月21日、被告が横領によって2005-2006年にかけて被告の番組を放送していた政府系メディア会社MCOTに1億3800万バーツの損害をもたらしたとして禁錮8年に処するとの最高裁判所の判決が読み上げられた。

控訴裁判所(日本の高等裁判所に当たる)は3年前に同被告に禁錮13年4か月の有罪判決を言い渡していたが、今回の最高裁判決では5年ほど刑期が短縮されることになった。

関連記事

ページ上部へ戻る