工場や学校で違法薬物が蔓延 首相が問題視、調査を指示

プラユット首相は10月16日、工場労働者の多くが覚せい剤を使用しているとされる問題について詳しい調査を実施するよう指示した。

タイは以前から違法薬物問題に直面しており、今も学校や工場でも覚せい剤が蔓延している。プラユット首相は、「タイだけでなくすべての国が違法薬物問題に頭を悩ませており、タイ政府は法律で許されたあらゆる手段を用いてこの問題に立ち向かう」としている。

なお、違法薬物問題についてはプラウィット副首相兼国防相(治安担当)が来週にも関係当局と対策などを協議する予定。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る