新型ウイルス関連の虚偽情報をネットに流布した容疑で2人を逮捕

プティポン・デジタル経済社会相は1月30日、ネット上での新型コロナウイルスに関する虚偽情報流布の取締においてこれまでに2人を逮捕したと明らかにした。

今回の取り締まりは同省の担当者と警察庁技術犯罪制圧課(TCSD)が実施。容疑者6人を特定し関係先15カ所の家宅捜索が行われた。うち2人をコンピューター犯罪法違反で逮捕したという。

なお、残り4人については、「悪意がないと判断されたので厳しく注意したにとどめた」とのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る