新型ウイルス感染と大気汚染 首相が警告「政治問題化には法定手段」

プラユット首相は2月3日、新型コロナウイルスの感染拡大と首都圏の大気汚染悪化を政治問題化しようとする者がいるとして、このような者たちに法的手段を講ずる構えを見せた。

新型ウイルスにしても大気汚染にしても政府は解決に向けて全力で取り組んでいるものの、政治問題化しようと企んでいる者たちがいて政府の努力を妨げているという。

首相は、「我々は、PM2.5と新型ウイルスのほか、虚偽情報やヘイトスピーチなどの問題にも直面しているが、私は関係当局に(問題の原因となっている)不適切な言動を取り締まるよう命じた」としている。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る