バンコク都庁の建設工事禁止命令無視の業者を活動家が訴え 

バンコク都庁は先に大気汚染対策の一環として都内で行われている建設工事を一定期間禁止する措置を執ったが、活動家のシースワン氏は2月5日、「ラクシー区では建設工事が許可されている」として同区区長と都庁土木局局長を警察に訴えた。

建設工事禁止の期間は2月6日まで。バンコクでは全50区のうち33区で大気汚染が健康被害をもたらすレベルに達しているとされるが、ラクシー区もその一つとなっている。

関連記事

ページ上部へ戻る