防災局が21県5809村を干ばつ被災エリアに指定

防災局のモントン局長は2月11日、同局が北部、東北部、中部の計21県を干ばつ被災エリアに指定したことを明らかにした。タイは1都76県であるが、4分の1以上の県が深刻な干ばつに見舞われていることを示している。

具体的には、21県127郡の674地区にある5809村で干ばつが発生している。

関連記事

ページ上部へ戻る