「刑務所内で新型ウイルスに感染」との報道にタイ保健省が反論

先にタイから英国に送還された英国人容疑者がインフルエンザのような症状を呈し、英国の新聞などが「タイの刑務所内で新型コロナウイルスに感染した可能性がある」と報じていることについて、保健省疾病対策局のスワンナチャイ局長はこのほど、「出国前の健康チェックで問題は確認されていなかった」と述べ、タイで新型ウイルスに感染したとは考えにくいとの見解を示した。

容疑者は健康チェックで肺などに問題がなかったために英国に送還されたのであり、仮に体調不良であったならば送還は認められなかったという。

また、伝染病課のソポン課長によれば、タイでは刑務所やホテルでの新型ウイルスの感染は報告されていないほか、容疑者はタイを出国して潜伏期間とされる14日をだいぶ過ぎてから発症しており、仮に感染していたとしてもタイで感染したとは考えられないとのことだ。

なお、タイ国内で確認された新型コロナウイルス感染者は現在、33人となっており、うち22人が入院中。

関連記事

ページ上部へ戻る