医療従事者が新型ウイルス感染 タイ国内での感染確認は34人に増加

保健省疾病対策局のスワンチャイ局は2月15日、医療従事者の35歳女性の新型コロナウイルス感染が確認されたことを明らかにした。これで国内での感染確認は合計34人となった。

この女性は医療施設でマスクをせずに患者の世話をしていたが、この患者がその後新型ウイルスに感染していることが判明しているため、この患者を介して女性がウイルスに感染した可能性が高い。女性の同僚24人は検査で陰性とされ、今のところ症状は出ていないという。

なお、新型コロナウイルスの感染者のほとんどはバンコクに隣接するノンタブリ県のバムラートナラードゥーン伝染病研究所で治療を受けているが、女性の勤務先は民間病院で、感染判明に伴い同研究所で治療を受けることになった。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る