新型肺炎 タイ入国時検疫強化対象国に日本を指定 中国・香港・台湾に次ぎ

タイでは新型コロナウイルスの感染拡大を阻止すべく中国・香港・台湾から来た人々について入国時に厳格な検疫を実施しているが、スクム保健事務次官は2月17日、日本とシンガポールからの入国者にも同様の検疫を行うことになったと明らかにした。

同次官はまた、「日本とシンガポールからタイに来た人で過去14日間に発熱や呼吸器症状のあった人は(バンコクに隣接するノンタブリ県にある)バムラートナラードゥーン伝染病研究所に行って新型コロナウイルス感染を調べる検査を受けてほしい」と話している。

このほか、アヌティン保健相は17日、クルーズ船「ウエステルダム号」の乗員・乗客のタイ入国を認めないことを発表。同船はカンボジア当局が寄港を認め、検疫で問題がなかったとして乗員・乗客全員の下船を許可したが、乗客のうち米国人女性(83)がマレーシアに行って検査を受け、新型コロナウイルスに感染していることが確認されている。保健相はタイの航空会社に対し、この先14日間は同船の乗員・乗客を旅客機に搭乗させないよう指示したとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る