タイ保健省 日本とシンガポールへの渡航延期を勧告

タイ保健省は17日、日本とシンガポールで新型コロナウイルスの感染者が増加しているとして、これら2か国への訪問を予定している人に渡航延期を勧告した。スクム保健事務次官は「日本とシンガポールでは中国人と接触していない人が感染しており、感染拡大が第3段階に入っている」としている。

同事務次官によれば、過去14日間にこれら2カ国を訪れたタイ人で発熱している人は医師の診察を受ける必要があり、無料で治療を受けることができるとのことだ。

なお、疾病対策局が2月17日に発表したところによれば、タイを訪れた中国人の家族の1人が新型コロナウイルスに感染していることが判明。これでタイ国内での感染確認は合計35人となった。

関連記事

ページ上部へ戻る