タイ国家感染症委員会 新型肺炎を「危険感染症」に指定

タイ国家感染症委員会はこのほど、中国を中心に拡大を見せている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を「危険感染症」に指定することを決めた。

これにより、タイの保健当局はCOVID-19の拡大を阻止するために迅速に対策を講ずることが可能になる。今回の決定は官報の発表を経て発効する。

「危険感染症」に指定されたことにより今後、集会禁止、国境閉鎖、移動禁止、感染疑い者に対する医療機関で検査命令、治療に有効と考えられる未承認薬の輸入-などが可能となる。

関連記事

ページ上部へ戻る