新型肺炎 新たにタイ人2人の感染を確認 家政婦と運転手

タイ保健省は2月25日、タイ人2人の新型コロナウイルス感染が判明したと発表した。これでタイにおける同ウイルスの感染確認は合計37人となった。

新たに感染がわかったのは、親類が香港に近い中国広州市を訪れていた31歳女性と中国人観光客を乗せた車を運転していた29歳男性という。スクム保健事務次官によれば、女性は家政婦で肺炎と診断されたが、親類が中国に行っていたことが判明し、ラチャウティ病院に転院となった。男性は何度か中国人を車に乗せて観光スポットを案内しているうちに発熱と咳の症状が出てきたもので、現在ノンタブリ県のバムラートナラードゥーン感染症研究所で治療を受けている。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る