新型コロナ 新たに男性1人の感染が確認  タイ国内で42人目

タイ保健省は2月29日、タイ人男性(21)の新型コロナウイルス感染が判明したと発表した。これで国内で確認された感染者は42人となった。

男性は外国人旅行者と接触する機会のある仕事をしていて24日に咳と発熱の症状が出て翌25日に民間病院を受診したことで感染が判明した。現在、バンコク都内カンナーヤーオ区のノッパラートラチャタニ病院に入院して治療を受けている。

感染が確認された42人のうち28人はすでに回復し、14人が入院治療中となっている。

保健省は先に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を危険感染症に指定することを決めたが、これが3月1日に発効。これで保健当局は権限が強化されたため、感染対策を迅速に講ずることなどが可能となった。

関連記事

ページ上部へ戻る