政府貯蓄銀行と物品税局が消毒液を配布へ

ウッタマ財務相によれば、新型コロナウイルスの感染拡大で消毒液の需要が高まり品切れ状態が続いていることから、政府貯蓄銀行(GSB)と物品税局が消毒用のアルコールとジェルを配布する準備を進めている。

GSBでは1060に及ぶ支店を通じて消毒用ジェルを100万本配布する予定であり、物品税局は全国の支部を通じて消毒用エタノールを配布する。エタノール(アルコール)は濃度60~80%が消毒に向いているとされるが、殺菌力が最も強い70%のものが物品税局の支店で容器持参の人に1人1リットルまで提供されるとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る