タイ・スマイル 新型コロナ対策で香港便を一時運休

タイ国際航空(THAI)傘下の格安航空、タイ・スマイルは3月12日、新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されるとして、バンコクおよびプーケットと香港の間で運航されていた定期便を13日から取りやめると発表した。

バンコク=香港間の往路WE630と復路WE631、プーケット=香港間の往路WE608と復路WE609が3月28日まで運休となる。欠航期間中のチケットはキャンセル料なしで払い戻され、また、タイ国際航空の香港便に乗り換えることも可能。

関連記事

ページ上部へ戻る