中国人が転落死 感染を恐れ誰も遺体に触れず搬送に6時間以上

3月13日、バンコク都ラチャテウィー区マッカサンにある7階建てホテルの6階から中国人男性(39)が転落して死亡したが、誰もが男性が新型コロナウイルスに感染していることを疑い遺体に触れようとせず、現場から遺体を搬送するまでに6時間以上かかった。

マッカサン署に転落死の通報があったのが正午30分ごろ。報道によれば、警察官、レスキュー隊、病院スタッフの誰もが遺体に触ろうとせず、保健省疾病対策局に要請したが断られたという。最終的に午後7時ごろになって防護服に身を包んだ病院スタッフたちによって検視のために遺体が現場から搬出されたとのことだ。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る