価格統制品指定直前にマスクを大量輸出 国内商業局長が情報リークか

新型コロナウイルスの感染拡大で大勢の市民がマスクを買い求め、その販売価格が上昇していたため、マスクが価格統制品に指定されたが、その直前に価格統制品指定の情報が漏れ業者が大量のマスクを輸出していた疑いが浮上。政府が事実関係を解明すべく調査を行うことを決め、商務省国内商業局のウィチャイ局長を一時的に閑職に異動させた。

情報リークについては以前からウィチャイ氏に疑いの目が向けられていたという。今回の措置はプラユット首相が承認したものだが、これについて首相は、「国民に政府を信用してもらい、また、政府がこの件を真剣に受け止めていることを示すために必要」と説明している。

なお、価格統制品に指定された物品は、設定された価格で販売することが必要で、輸出する場合も当局の事前許可が必要となる。

関連記事

ページ上部へ戻る