感染者なしのブリラム県 新型コロナ対策でヒトの移動を制限

東北部ブリラム県ではいまだに1人も新型コロナウイルス感染が確認されていないが、タチャコン同県知事は3月16日、新型コロナの感染拡大防止策の一環として全県を対象に直ちに人の移動を厳しく制限すると発表した。

具体的には、外国人はいうに及ばず同県在住者であろうと外部から同県に入る際には健康チェックを受け、その後14日間自己観察をすることが必要となる。

このほか、50人以上が集まるセミナー、娯楽イベント、宗教行事、夏期講習などが今後30日間禁止となった。

県当局はさらに、4月中旬のソンクラン祭(水かけ祭)では感染拡大を防止するため親戚や友人に会いに行かないよう呼びかけている。

関連記事

ページ上部へ戻る