日本からの入国者にも無感染証明書提示を義務付け

タイ民間航空機構(CAAT)は、日本を含む10カ国からタイに入国する際にも新型コロナウイルスに感染していないことを示す証明書の提示が3月21日から必要であると発表した。

新たに無感染証明証が必要となるのは、日本(特定地域)、デンマーク、フランス、ドイツ、ノルウェー、スペイン、スイス、スウェーデン、英国、米国、オランダの11か国。韓国、中国、イラン、マカオ、香港からの来訪者についてはすでに証明書の提示が義務づけられている。

関連記事

ページ上部へ戻る