保健当局 各県に帰省者の健康観察徹底を要請 バンコク脱出増受け

新型コロナウイルス対策強化に伴い大勢の人がバンコクから地方に脱出していると報じられているが、保健省疾病管理局のスワンナチャイ局長はタイ全国の県知事に対し、バンコクから来た戻った人々の健康状態を注意深くチェックするよう文書で求めた。

同局長は、バンコクから地方に帰ってきた人がそれぞれの地域で感染を広めることがないよう、頻繁に石けんを使って20秒間手洗いしたり、濃度70%のアルコール消毒液で手をきれいにしたりするほか、高齢者や持病のある人に近づかず、発熱などの症状が出た場合は速やかに保健当局に報告するよう求めた。

関連記事

ページ上部へ戻る