タイの4空港で約100人が入国拒否 3月22日

関係当局によれば、タイ入国に際し新型コロナウイルス感染の恐れがないことを示す証明書の提示が義務づけられているが、3月22日にスワンナプーム、ドンムアン、プーケット、チェンマイの4空港で証明書を所持していなかった約100人が入国を拒否された。

うち73人が国外退去処分、6人が24日時点で出国手続き中で、15人が身柄拘束された。同日これらの空港に到着した乗客は合計4533人。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、タイに入国するには、非感染証明書と保険加入を示す書類の提示が求められている。

関連記事

ページ上部へ戻る