ボクシングスタジアム営業問題で陸軍福祉局長らが異動処分

陸軍関係筋によれば、バンコク中心部に位置する陸軍福祉局運営のルンピニー・ボクシングスタジアムが政府の自粛要請にもかかわらず3月6日に営業したことで、同スタジアム内で小規模な集団感染が発生し、これが現在の全国的な感染拡大の一因になったと考えられることから、陸軍は事実関係を解明して責任者を特定するための調査を実施すべく、陸軍福祉局局長や同スタジアム運営にかかわっている軍人を一時的に閑職に異動させたとのことだ。

また、6日にスタジアムにいた同局長はのちに新型コロナウイルスに感染していることが判明し、現在入院治療中という。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る