デング熱 今年1万1938人が感染 2人死亡

タイ保健当局が5月24日に発表したところによれば、デング熱に感染して南部ヤラ県と東北部ナコンラチャシマ県でそれぞれ1人、計2人が死亡した。ヤラ県では今年に入り105人のデング熱感染が報告されている。

全国では今年に入って1万1938人が感染しており、死者は今回の2人を合わせて計10人となっている。デング熱は蚊が媒介するウイルス性疾患。特効薬はなく、対症療法が行われる。

関連記事

ページ上部へ戻る