警察が二輪車の暴走行為に強く警告

夜間外出禁止令が解除されて6月15日から夜間に自由に外出できるようになったことで若者によるオートバイの暴走行為がバンコク首都圏などで増えているというが、警察当局は6月16日、違法な暴走行為をやめるよう呼びかけるとともに、このような行為が続けば政府が再び夜間外出を禁止する可能性があると警告した。

警察の担当者によれば、公道でのオートバイの暴走行為は違法だが、年少の子供が二輪車で暴走するのをとめなかった親も児童保護法違反で処罰されることになるという。

関連記事

ページ上部へ戻る