外交官らをココナツミルク生産現場に案内 サル虐待の誤解解くため

タイのココナツ産業では訓練したサルによる椰子の実の収穫が行われているとして国際的な動物権利団体がサル虐待だと非難し、一部でタイ産ココナツ製品の不買運動が起きているというが、チュリン商務相は誤解を解くべく7月22日にも大使など諸外国の外交官をココナツミルクの生産現場に案内することを予定している。

タイ側は、「サルが椰子の木によじ登って椰子の実を落とすのは観光客向けのショーである」と説明している。今回の見学ツアーは、ココナツミルクの生産者と輸出振興局が企画したもの。

関連記事

ページ上部へ戻る