タクシー運転手500人が政府庁舎前で集会 GPS取付義務化など6項目を要求

9月8日、政府庁舎前にタクシー運転手約500人が集まり政府に6項目の要求を受け入れさせるべく気勢を上げた。要求内容は、車両にGPS装置を取り付けること、車両をタクシーとして使用できる期間を9年までとすることなど、政府が予定している措置の撤回を求めるものとなっている。

なお、運輸省によれば、GPS装置の取付について政府は任意を予定しており、強制は考えていないとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る