教育省方針 英語力向上のためネーティブ1万人採用へ

ナタポン教育相は9月11日、タイ人学生の英語力を引き上げるため、教育省は状況が治まり次第、英語を母語とするネーティブを1万人採用する予定だと明らかにした。

同省はすでに政府間協力の一環として英語母語話者をタイに派遣できないかを英語を母語とする複数の国の大使館に問い合わせているとのことだ。

ナタポン教育相は、「タイの学校には現在、7000人あまりの外国人教師がいるが、これではまだ不十分。さらに1万人ほど必要」としている。

関連記事

ページ上部へ戻る