タイ国内旅行奨励のため新たに連休設定を検討 タイ政府

ウィサヌ副首相は9月15日、タイ国民とタイ在住の外国人などによる国内旅行を増やして観光業を促進するため、新たに休日を設け連休を設定することを検討中であると明らかにした。これはプラット首相が発案したものという。

副首相によれば、内閣では土日を含めた4連休を新たに設定することで意見が一致したが、連休をいつにするかはまだ決まっていないとのことだ。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る