御曹司不起訴 検察が関係者処分に向け調査に乗り出す

エナジードリンク「レッドブル」のオリジナル飲料である「クラティンデン」をタイで開発したチャリアオ・ユーウィッタヤ氏の孫であるウォラユット容疑者が2012年に悪質な交通死亡事故を起こしながら最近になり検察が同容疑者を不起訴とし、これに各方面から厳しい批判が浴びせられている問題で、政府反汚職委員会(PACC)は9月21日、不起訴の決定につながる不適切な判断・決定を下した検察関係者を処分すべく検察当局が調査に乗り出したことを明らかにした。

この問題に関しては、事実関係の解明のためすでに法務省特別捜査局(DSI)、警察庁、国家汚職制圧委員会(NACC)、タイ弁護士評議会が調査を進めている。

関連記事

ページ上部へ戻る