台風11号がもたらした降雨でダム貯水量増加 農業用水にはまだ不安も

水利局によれば、台風11号(ノウル)によりタイ国内各地が大雨に見舞われたが、そのおかげで国内のダムは貯水量が増えており、これからの乾期において生活用水が不足する心配がなくなったという。

同局のトンプレウ局長は、「台風による降雨でこの先も2日ほどダムに水が流れ込み貯水量がさらに増えることになる。これで乾期を通じて生活用水が不足することはない」としている。

だが、農業用水については現状のダムの貯水量では不安が残るため、さらなる降雨が望まれるとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る