資金洗浄対策室が調査へ 銀行4行に違法行為関与疑惑

資金洗浄対策室(AMLO)のプリーチャ事務局長代行はこのほど、タイの銀行4行が約20年前から違法行為に関わっているとの疑惑についてAMLOが詳しく調査する方針であることを明らかにした。

この疑惑は国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が先に指摘したもので、民間3行と官営のタイ輸出入銀行について違法行為関与が疑われるとしている。なお、タイ輸出入銀行は資金洗浄などにかかわった事実はなく事実無根との声明を発表している。

関連記事

ページ上部へ戻る