バンコク都庁が苦情に説明  バンコクの洪水は要因が複数

9月23日の夕方に都内各所で洪水が起きたことについて、バンコク都庁はこのほど、複数の要因によってもたらされたものだと説明した。

都民からは急な冠水で交通渋滞が発生したといった苦情が多数寄せられたが、都庁の説明によれば、停電、排水設備のメンテナンスの不備などが重なって都内各所で洪水が発生することになったとのことだ。

23日はディンデン区、パヤタイ区、ホアイクワン区のうちの11地区で大雨が報告されており、3区の降雨量はそれぞれ100ミリ、99ミリ、83ミリを記録した。

なお、気象局によれば、23日夕方から24日朝にかけて国内の複数か所で大雨が降ったとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る