前国王の命日に大勢の市民が銅像安置のプラケオ寺院訪れる

プミポン前国王の命日であるプミポン国王記念日(祝日)の10月13日、大勢の市民がバンコク都内のプラケオ寺院を訪れ、同寺院に安置されている前国王の銅像に手を合わせた。

今も国民に敬愛されている前国王(ラーマ9世)は4年前の2016年10月13日、バンコク都内シリラート病院で国民に惜しまれながら88歳で亡くなられた。

なお、前国王の銅像は高さ172センチの青銅製立像で、その重量は156キロ。

関連記事

ページ上部へ戻る