制服義務化に反発する学生グループに教育相が法的措置か

学生の間から制服の義務化に反対して私服を許可するよう求める声が出ているが、ナタポン教育相は12月2日、「不良学生」と称するグループがネット上で私服反対の教師や学校の名前を公表したことについて、「人の権利を侵害している可能性がある」として、このグループに法的措置を執ったり、グループのウェブサイト閉鎖を要求したりする可能性があると明らかにした。

一方、議会では教育省の設置した委員会がグループから意見を聞こうとしているが、グループが話し合いを公開するよう要求しているため、話し合いはまだ実現していない。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る