コメの値上がりで稲泥棒増加 警察署と役場が乾燥場所開放

タイ国内で米価が上昇しているため稲の窃盗が増加している。このため、東北部ナコンラチャシマ県チュムポアン郡ではコメ農家が警察署や役場の敷地内で稲を乾燥しているとのことだ。

コメの値上がりは、干ばつと市場への米供給を制限する政府の措置によるもの。農家は通常、刈り取った稲を数日間乾燥させているが、場所が足りないと道端で乾燥させており、その際、稲が盗まれる事件が多発している。このため、警察署と役場では、稲の乾燥場所として農家に敷地を開放することにした。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る