首相が臨時医療施設を視察 かからないホットラインの改善指示

タイでは新型コロナの感染者増加を受けて複数の臨時医療施設が開設されているが、プラユット首相が4月21日、臨時医療施設としてバンコクで4番目となるノンチョーク区の第2エラワン臨時医療施設を視察した。同施設は開設の準備が進められており、近く感染者を受け入れることが可能になるという。

今回の視察でプラユット首相は、政府が開設した新型コロナ・ホットラインについて「電話したが誰も出ない」との苦情が出ていることから、担当者に問題を解決するよう指示したと説明した。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る