コロナ感染死亡者の火葬可能な寺院リストが近く発表

タイでは火葬場を備えた仏教寺院が少なくないが、国家仏教事務所(NOB)のナロン所長によれば、NOBは近く、死亡した新型コロナ感染者の遺体の火葬を引き受ける寺院のリストを発表する予定という。これは、寺院が火葬場の施設が感染防止に十分ではないといった理由で感染者の火葬を拒否しているとの苦情が増加していることによるもの。

同所長によれば、感染症に関する法律に従うと、新型コロナ感染者の遺体は死後24時間以内に仮葬しなければならない。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る