在タイ・ウクライナ大使の突然死 死因は心臓発作

駐タイ・ウクライナ大使のアンドリー・ベシュタ氏(45)が南部サトゥン県リペ島で急死したことについて、警察当局は5月31日、死因は心臓発作と考えられ、遺体には死を招いた可能性のある外傷などはなかったと発表した。同氏は2015年から6年にわたって駐タイ大使を務めていたが、6月初めに任期を終えて帰国することになっていた。大使の葬儀はバンコク都ポムプラプサトゥルーパイ区にある仏教寺院で執り行われている。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る