故郷での治療を希望する中等症のコロナ感染者を軍の大型ヘリで移送

新型コロナの感染者のうち中等症で生まれ故郷で療養することを望んでいる人々を陸軍の大型ヘリコプターで移送するサービスが8月3日に開始された。ヘリはバンコクを出発して西部ターク県に行き、そこから中部ピサヌローク県まで飛行した。同日は感染者合計11人がこの移送サービスを利用したという。

陸軍のヘリによる移送を希望する人は、陸軍の新型コロナ調整センターに連絡してほしいとのことだ。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る