タイ保健当局 鶏卵消費拡大の方針打ち出す 年間300個へ

保健省健康局はこのほど、国民の鶏卵消費を促進する方針だと発表した。具体的には、22に及ぶ関係機関と協力して国民1人当たりの年間鶏卵消費量を2023年に300個に引き上げることを目指す。

同局のスワンナチャイ局長は、「アジアの主要国の国民1人当たりの年間消費量は中国が399個、日本が345個、インドネシアが314個であり、233個にすぎないタイは大きな後れをとっている」と報告している。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る