首相が警告 違法営業再開の娯楽店には法的措置

パブ、クラブ、カラオケなど娯楽店の営業再開が当初予定の12月1日から来年1月半ばに延期されたことに対し、娯楽店関係者から不満の声が噴出しているが、プラユット首相はその理由を、「タイ国民の健康を守る措置を12月1日までに導入できないため」とだけ説明した。

一方、規則に反して営業を再開したパブやバーが少なくないとされることについて首相は、「違反者には法的措置が速やかに執られることになる」と警告した。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る