日本観光が人気 春節期間中の訪タイ中国人は減少

タイ航空無線社のソムヌック社長によれば、中国の旧正月である春節の連休(今年は1月24~30日)における中国からのフライト数が前年を3.7%ほど下回っている。世界経済低迷の影響、国人が日本観光を好みタイにあまり足を向けなくなったことなどが原因という。

これは、昨年下半期(7~12月)のフライト数にも現れており、中国からタイへは3261便だったが、日本行は3899便に増加したとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る