戴冠式で受刑者数万人に恩赦 20歳未満・HIV感染者など

ワチラロンコン国王陛下のご意向により戴冠式の恩赦で受刑者数万人が釈放もしくは刑期短縮となった。5月3日の官報によると、恩赦が適用される受刑者は、社会奉仕活動をした者、刑期が残り1年未満の者、末期がんの者、HIV感染者、70歳以上の者、20歳未満の者、刑期を半分以上務めた者など。一方、複数回服役している者、死刑から無期に減刑となった者などは恩赦の対象外となる。

関連記事

ページ上部へ戻る