日本でコロナ禍後初となる投資誘致ロードショーを展開

タイ政府は現在、電気自動車、スマートエレクトロニクス、医療、観光、サービス、BCG(バイオ・循環型・グリーン)経済モデルの各分野への投資を募るためのロードショーを日本で展開している。日程は4月19日から23日までの5日間。ロードショーを率いるスパタナポン副首相はこの期間中に日本政府の担当閣僚や民間部門の代表などと会って意見を交換する予定という。

タイ政府が投資誘致活動を外国で行うのはコロナ禍以降初めて。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る