タイへの空路入国禁止措置、6月30日まで延長

タイ民間航空事務所(CAAT)は5月16日、必要物資輸送などを除きタイへの航空機乗り入れを原則禁止とする措置を6月30日まで延長すると発表した。これにより6月も日タイ間のビジネス出張等は不可能となった。

この措置は新型コロナ対策として4月27日に導入されたもので、今回の延長についてCAATのチュラ事務局長は「新型コロナに対抗するために関係当局にさらに時間を与えることができる」と説明している。

なお、タイ軍の航空機、人道的支援物資や医薬品などを積んだ航空機、外国から帰国するタイ人を乗せた航空機の乗り入れや航空機の緊急着陸、必要物資の輸送はこれまで通り許可される。

関連記事

ページ上部へ戻る