タイ政府 まず7タイプの外国人のタイ入国許可へ

新型コロナウイルス感染症対策センターのタウィシン広報担当がこのほど、タイ政府はまず7タイプの外国人の入国を許可する方針であることを明らかにした。

具体的には、実業家・投資家約人、熟練労働者と輸出業者約2万2000人、タイ人と結婚した外国人と永住権を有する外国人約2000人、療養・保養目的の外国人約3万人のほか、短期滞在の実業家・投資家、中国・日本・韓国などからの観光客、政府や政府機関の来賓のタイ入国が認められる見通しという。

関連記事

ページ上部へ戻る