タイ国家安全保障会議 非常事態宣言の1カ月延長を提言

国家安全保障会議(NSC)のソムサク事務局長は6月25日、NSCとして6月末で解除予定の非常事態宣言の施行期間を7月末まで1カ月間延長するよう提言したことを明らかにした。

タイでは毎日のように新規感染者が報告されているが、5月26日以降はその全員が帰国者で国内感染と見られるケースは一件も報告されていない。だが、ソムサク事務局長によれば、間もなく学校で授業が再開され、経済活動の制限緩和も進むため、今後も感染が再び拡大する恐れがあり、6月末で宣言を解除するのは望ましくないとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る